SAKURA PRESS

「造形アイデア」千代紙の和風七夕飾り

2020.06.20

特集

7月 七夕

千代紙の和風七夕飾り

千代紙を使って和風の飾りをつくってみましょう。

活動のねらい

  • 紙をちぎる感触を楽しむ。
  • ビー玉をころがして色をつけていくことを楽しむ。

材料・用具

ビー玉・画用紙・サインペン・両面テープ・千代紙・ポスターカラー・台所用洗剤・空き箱・クリヤーホルダー

活動の流れ

1おり姫とひこ星の体のパーツを準備する

  1. 画用紙をおり姫とひこ星の顔と体がつながっている形に切ります。
  2. 画用紙で髪をつくって貼ります。
  3. 体の部分に両面テープを貼ります。

2千代紙を手でちぎる

千代紙を手でちぎります。

3千代紙を貼る

両面テープの剥離紙を取って、ちぎった千代紙を貼ります。

4顔をかく

サインペンで目や口を描きます。

5ビー玉をころがして色をつける

  1. 絵の具がはじきにくくなるように、台所用洗剤をポスターカラーに少し混ぜておきます。
  2. 箱の中にクリヤーホルダーを入れ、ポスターカラーをつけたビー玉をころがして模様をつけます。

プラスアレンジ

  1. アルミホイルを使ってキラキラと輝きがある星のような土台にする
  2. 星に見立てた丸シールを飾る

6おり姫とひこ星を飾る

模様のついたクリヤーホルダーの上に、おり姫とひこ星を貼ります。

ここがポイント!

千代紙は子どもの手の大きさくらいにしておくことで、適度な大きさにちぎることができます。
星型に切った画用紙に名前を書くと七夕らしい雰囲気の名札にすることができます。

TAG
#造形遊び