教育文化支援

美術教育・文化創造を支援

子ども時代に培うことのできる表現力を十分に引き出し、
感性豊かな大人へと成長するよう、サクラクレパスは子どもの美術教育への支援活動を行っています。
また、学校教育からさらに生涯学習を志向する方たちのために、豊かな人生と文化を創造する美術活動を支援しています。

美術展協賛

『全国教育美術展』『全日本アートサロン絵画大賞展』に全面的に協力しています。
『全国教育美術展』は、1922年に開始し、現在公益財団法人教育美術振興会が主催している美術展で、幼稚園・保育所・小学校・中学校・特別支援学校まで学校単位で参加してもらい、優れた作品と学校を表彰するものです。
『全日本アートサロン絵画大賞展』は、1991年に創業70周年記念事業の一環としてサクラクレパスが創設したもので、アマチュアの立場で絵を楽しんで描いておられる方に広く発表の場を提供することで、絵に親しむ層の裾野を広げることを目的としています。

教育材料研究

幼稚園・小学校・中学校の先生を対象にした『造形表現・図画工作・美術教育研究大会』や、幼稚園を対象にした『幼児造形研究集会』において、教育材料の研究や活動の支援を行っています。

サクラアートサロン

1981年、文化事業として絵を描くことに特化した教室『サクラアートサロン』を開講しました。
「創造創作の豊かな時間と環境」を提供する油彩画、水彩画、日本画、パステル画をはじめクレパス画、線画、銅版画などの講座を運営しています。初心者から中上級者、さらには専門的対象者まで多様な要望にあわせた内容を展開しています。

サクラアートミュージアム

1991年、地域の文化拠点となるよう、企業美術館『サクラアートミュージアム』を開館しました。
社会教育機関として幅広い文化創造を目的に、所蔵作品展や特別企画展などの展覧会の開催、「大人たちのクレパス画教室」「大人の塗り絵教室」など各種実技講演会をはじめ、教育普及活動を定期的に開催しています。