社員紹介

INTERVIEW

商品企画 マーケティング部

O.K. 2016 年入社

「色」を通じたモノ・コトで身近な暮らしを彩る。

QUESTION

自分とサクラクレパスの関係を表現すると?
じゆうがちょう(サクラ)と幼児(自分)
描くための材料は揃っています。何をどのように描くかは自分次第、自由!
一緒に働きたい人はどんな人?
少し熱すぎるくらいの情熱を持った人
会社の魅力は?
・人
・「強さ」と「温かさ」

INTERVIEW01 業務内容

私が所属する商品企画課では、現在販売している定番商品及び新商品の企画が主な業務内容となります。新商品はお客様の声や市場調査・分析、時にはひらめきなどを基に企画を検討します。その後研究や生産部門、そして商品化が決まれば営業や物流部門など、社内全体と協力しながら進めていきます。企画のスタートから、お客様の手に届き満足していただくまで、一貫して担当商品に携わることができるのは、責任も大きいですが、仕事の面白みのひとつであり、大きなやりがいとなります。
サクラクレパスはこれまで、クレパスに始まり、クーピーやマイネーム、ボールサインといった教育・文化に貢献できる商品を作ってきた歴史があります。100周年を超えた今、「これまでと同じように、これまで以上に、教育・文化に貢献できる商品を生み出す」その一員になりたいと思い、日々精進中です。

INTERVIEW02 社内から見たサクラクレパス

①若手社員でも影響力の大きな仕事ができる環境がある
②サクラクレパスのブランド力と商品・事業分野の多様さ
③新しいことへの挑戦、成長

①: 新入社員として配属後、先輩社員と同じように担当を持つこともあり、良い意味で区別されません。1年目から大きなフィールドで活躍できる環境があります。
②: 入社後、より一層強く感じました。長い歴史の中で築き上げてきた技術力、商品力があり、分野も皆様にとって身近な商品から、工業や医療分野で使用される商品など、様々です。
③: しかし、現状に満足はできません。先輩方が築き上げてきたサクラクレパスの歴史を存分に生かして、積極的に挑戦し、成長させていくことが若手社員に求められています。

INTERVIEW03 温かさ

私が以前から持っていたサクラクレパスへの温かいイメージは、入社してからも変わりません。大きなフィールドで活躍できる環境があると言いましたが、放任されるようなことはありません。上司、先輩ともに優しすぎるくらいです。年が離れている大先輩方も気さくで、近い距離感で話すことができます。 もちろん温かさの中にも強さは必要です。サクラクレパスには歴史と高い技術、そして強い理念があります。そこに新しい風を吹き込み、次の100年を作り上げていくこと。若手社員への期待はとても大きいです。

ある1日のタイムスケジュール

ONE DAY SCHEDULE

06:00
まだ夢の中。。。起床後、バタバタ朝食。
08:00
出社。メールチェック、To Doを整理。
10:00
データ分析。新商品企画について上司と相談。
12:00
昼食。
14:00
研究部門と新商品について打ち合わせ。
16:00
企画書作成。
18:00
退社。
20:00
のんびり夕食。
22:00
平日の夜更かしは程々に、就寝。